わらべや日洋グループの一貫システムが
創造する、あたらしい「食」の価値

世界トップクラスを誇る管理力を
食材の調達から、商品の製造、お届けまで徹底。

わらべや日洋グループは創業から50年以上変わらず、「衛生管理の徹底は他のいかなる業務よりも優先する」を合言葉に成長してきました。

 

製造ラインでは、従業員の体温などの健康・衛生状態をチェックし、9工程にも及ぶ手洗い、エアシャワー、消毒を徹底。工場内部の床は、食材の加熱前後でエリアを色分けし、各エリア間の従業員の行き来を禁止しています。また、工場内には監視カメラを多数設置してフードディフェンスの取り組みも行っています。

商品はすべて「保存料・合成着色料」不使用であり、食材は調達から加工・配送までのトレーサビリティを確保、商品にあわせた適切な温度管理、全工場における独自のHACCPを徹底しており、高い品質を守っています。

 

厳しい基準のクリアと美味しさを両立させ、安定生産できるシステムは、長年の実績と研究により構築されたものです。

 

 

入場時の
手の消毒

エアーシャワーでの
異物の混入防止

加熱前と加熱後の工程を
床の色で管理

徹底した
品質検査

 

 

HACCP

科学に裏付けられた厳格な品質・衛生管理


約70社のデイリーメーカーが組織する日本デリカフーズ
協同組合(NDF)に加盟し、NDF独自のHACCPを取り入れた衛生管理を実施しています。