成長ストーリー

わらべや日洋は、1964年の創業以来、常に中食業界に、新しい商品を創造、提案してきました。これからも新しいアイデアと開発力でみなさまに「安全・安心」と「おいしさ」を提供していきます。

売上高の推移・工場数

主要取引先であるセブン-イレブンの成長とともにわらべや日洋の工場数、生産能力も拡大し成長してきました。

1964年

日東石油株式会社を設立、漁船用燃料油等を販売

1966年

惣菜、サラダの製造・販売開始

1967年

調理パン製造販売開始

1975年

㈱わらべや本店を設立、米飯の製造及び販売を開始

1978年

セブン-イレブンとの取引を開始

1988年

セブン-イレブンとの取引に特化

1995年

店頭公開

1999年

東証二部上場

2003年

東証一部指定

商品開発と技術革新

技術革新による新しい商品づくりが私たちの原動力です。

今までもこれからも、さらなる「おいしさ」を追求していきます。

1975年

おむすび・お弁当の製造販売開始

1978年

手巻きおむすび
  • 海苔をフィルムで分ける包装技術 

2000年

本格チャーハン
  •  パラパラ感を実現する高温IH鍋の開発

2005年

チルド和菓子
  • 数日冷蔵してもおいしく食べられる和菓子 

2006年

牛カルビ弁当【炭火焼】にリニューアル
  • 炭火焼きでの加熱を実現

2009年

チルド弁当
  • ご飯を数日冷蔵してもおいしく食べられる技術 

2011年

チルドロール

サンド

  • 生産技術の向上により低価格化を実現 

2013年

セブンプレミアム