情報開示の基準

当社は、金融商品取引法等の関連法令および東京証券取引所が定める上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下、「適時開示規則」といいます。)に沿って情報開示を行います。また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、株主および投資家の皆様に当社を理解していただく上で有用と判断される場合には、積極的に開示します。 

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所のTDnetにて公開します。TDnetにて公開した情報については、本ウェブサイトへの掲載等により積極的に開示します。また、適時開示規則に該当しない情報についても、本ウェブサイトへの掲載等によっても、できるだけ公平かつ広範な情報開示を行います。 

将来予測について

当社が開示する情報には、業績予想等の将来予測に関する記述が含まれていますが、これらの記述は、資料作成時点での当社判断による見通しであり、将来の計画数値や施策の実現を確約するものではなく、また保証するものでもありません。将来予測に関する内容については、経営環境の変化等さまざまな要因によって、その予想と異なる可能性があります。 

投資判断について

本ウェブサイトに掲載されている情報は、当社へのご理解を深めていただくためのものであり、当社が発行する有価証券の投資勧誘を目的としたものではありません。 

沈黙期間

当社は決算情報の漏洩防止と公平性確保のために沈黙期間を設け、この期間は決算に関する質問への回答、コメントを差し控えさせていただきます。この沈黙期間は、決算期末および各四半期末の各5営業日前から各開示日までの期間とします。ただし、当該期間中に公表済みの業績予想と大きく乖離する見込みが出てきた場合には、情報開示の基準に従って適時適切な開示を行います。